札幌のの三十代の私がAGAとの向き合い方について

私は札幌にすんでいる30代前半にAGAMを発症しました。AGAはただの男性特有の若ハゲという認識とは相入れるものではなく、れっきとした病気であることを理解してほしいのです。

頭頂部の方が徐々に毛が薄く、細くなり始め、それから2年もすると全くと言っていいいほど毛が無くなってしまいました。もちろん、無くなったのは毛だけではありませんでした。男としてのプライドと自信、対人コミュニケーションのスキルまでも失ってしまいました。これはaga札幌の口コミをみたりしらべても一目瞭然です。

現在は札幌の専門医の指導のもとAGA用の育毛剤や内服薬を使用しておりますが大きな成果は得られておりません。植毛の方が手っ取り早い気がしてきました。
女性の方にも年齢相応のハゲは存在しますが、男性のそれは女性の比にならないと思います。自分の大切な髪の毛が30代になったとたんに薄くなっているのを発見した瞬間の気持ちは言葉では表せません。死刑宣告をされた気分でした。医学の進歩によって札幌のAGAの患者が減ればいいなと、切に願います。